新年あけましておめでとうございます。
今年は平成31年で、干支は亥(いのしし)、恵方は東北東です。
さて、今年は今上陛下が御譲位なされ、「平成」から次の元号にかわる年です。
私自身も保守的にならず常に変化や革新、イノベーションしていこうと思います!
それでは本年も皆様にとって素敵な1年になります様お祈り申し上げるとともに、皆様のご参拝を神様とご一緒にお待ちしております。

 


 

カミネジンジャと読みます!

神峰神社は茨城県日立市に鎮座するお宮です。
創建580年あまりの歴史があり、氏子の方々に愛され、支えられながら歩んでまいりました。
イザナギ様・イザナミ様・クマノクスヒ様の三柱をお祀りし、厄除け・交通安全・家内安全など様々な御神徳がある中で、特に縁結びの神様として広く知られております。

当神社では、各種祈願(初宮・車のお祓い・厄除等)や出張祭典(地鎮祭等)を随時受け付けております。
皆様のご参拝をお待ちしております。




 

最新情報

H31.1.8

追儺祭(節分祭)のお知らせ

2月3日は恒例行事『厄祓い招福豆まき』の式を執り行います。年男・年女・厄年の方はもちろんのこと、そうでない方も是非この機会ご参列ください!「鬼はー外!福はー内!」腹から声を出し、体の内から罪・穢・厄を追い払い、爽やかな気持ちで1年を過ごしましょう。
予約なされる方は事前に5000円お納めください。予約なしの当日参加もできますが準備数に限りがありますので予めご了承ください。

日程・・・2月3日()13:30から18:00まで計6回齋行
初穂料・・・5000円

〈注意点〉
※拝殿の座席が40席程度の為、先着順でご参列していただきます
※受付は開始時間の45分ほど前から開始します※着付け、授与品準備の都合上、開始時間の15分前に受付を締め切らせていただきます。

  開始時間 13:30/14:30/15:30/16:20/17:10/18:00

 



H30.12.28

茅の輪くぐり

夏には「夏越の大祓い」冬には「年越しの大祓い」があり、神峰神社では1月10日頃まで茅の輪を設けます。茅は疫病や罪穢が祓い、その輪をくぐることで半年の無病息災を祈願するという意味があります。清々しい気持ちで新春をお過ごしください。

 


正月飾りのお焚きあげについて

焚き上げ場は1月20日まで設けますので、それまでに正月飾り等をお持ちください。
尚、人形や金物はお焚き上げできませんのでご注意ください。
※正月飾りは地域によって1月7日頃に外してしまうところと、15日頃までつけたままにしてある場所があります。ご家庭の約束事として毎年何日と決めるのも良いでしょう。