挙式ご案内

  • 参列者定員

御参列者人数の最大定員は、新郎家20名程、新婦家20名程ですが、
新郎家16名・新婦家16名の合計32名を目安にお願いします。

  • 初穂料

五万円

  • ご予約

まずは電話、社務所窓口にて空き状況をご確認の上、ご検討ください。聞いてくだされば、結婚式に合った良い日をお調べします。
日時の予約を承り次第、申込書ファイルを印刷、記入し、FAXか窓口にてお渡しいただく様お願いします。        

TEL・FAX.0294-21-0609

 

  • 注意事項

挙式のみ執り行います。
披露宴・着付け・車の送迎等はありませんので、ご注意ください。
社務所にて当日の打ち合わせをしますので、一度足を運んでくださる様お願いします。

 

挙式次第

参進
斎主・巫女に先導された“花嫁行列”が本殿・御社殿まで進む。
報鼓
太鼓をたたき、これから式が始まることを神様にお伝えする。
修祓
祓詞(はらいことば)に続き、清めのお祓いを受ける。
献饌
新郎家・新婦家により奉納して頂いたお酒を神様にお供えする。
祝詞奏上
斎主が神様にふたりの結婚を報告し、幸せが永遠に続くよう祈る。
誓盃の儀
三三九度の盃。新郎新婦が大中小3つの盃で交互に御神酒をいただくことで、永遠の契りを結ぶ。
指輪の交換
結婚指輪の交換をする。
誓詞奏上
新郎新婦が神前に進み出て、誓詞(=誓いの言葉)を読み上げる。
玉串奉奠
新郎新婦が神前に玉串を捧げ、「二拝二拍手一拝」。仲人夫妻、両家代表が続く。
交親族紹介
代表者形式、自己紹介形式とどちらの形式でも構いません。
親族盃の儀
両家の家族が親族となり、絆を固めるための儀式。
報鼓
式の終わりを神様にお伝えする。
斎主挨拶
斎主が、結婚の儀が滞りなく終了したことを報告する。
退下